2010年06月08日

真の健康法10

真の健康法10




手の指は色々な事を、代理出来ます。

声の出せない人には、手話として声の代わりをし

目の見えない人には、指先の感覚で、見る代わりに

物を判断しています。

鍼灸で、穴(ツボ)を探し出すのも指先の仕事ですね。

特別便利な手の指は、大切にしかし、しっかり訓練して

便利に使いたいものです。

指の訓練は、同時に脳の訓練にもなり脳にも良いようです。


CONTENTS
1、手の指の大敵、血行不良
2、今日の運動


手の指は、いろいろな方向に動かす為、スムーズな血行を常に

必要としています。

所が手は体の末端に有り、血行が悪くなる可能性が高いのです。

例えば、肩を冷やすと肩の関節を動かす筋肉のどれかに問題が

起き、肩の関節の動きが悪くなり、此処を通る血行は少なくなります。

少なくなると、手の指に向かう血流も少なくなり、指を動かす筋肉

の動きに変化が起き指の動きが多少悪くなり、同時に感覚も鈍くなる

ようです。


そこで

今日の運動は、指先の運動です。

1、まず、両手を開きます。
2、次に両手を合わせます。
3、指先を擦り合わせます
4、指先が温かく感じられたら結構です。
5、次に指先を爪の所で交差させます。
6、交差させたまま指を動かし擦り合わせます。
7、温かくなったら、終わりです。
posted by あせあん at 12:46| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

真の健康法9

真の健康法9




手は第2の脳、と言われていますが、主役は手の指です。

指はいつも、握る側にのみ使用され、手を開く事

は、少ないですね。

手を開いて、心も開けば必ず良い事が有りますよ。


CONTENTS
1、手の指は、精密機械
2、手の指の運動


手の指は、開く、閉じるで、180度まで動く事が出来ます。

閉じる事は、皆さん問題無く出来るようですが、開く方の

90度は、少しづつ、練習をしてくださいね。

ほんの数ミクロン、関節の動きが悪くなっただけで、

肩が凝ったり、腕が上がらなくなったり、影響は

いろんな所に出てきます。

今日の手の指の運動
1、右手で左手の指を1本づつ握り左右に捻じります。
2、この運動も手を温めてからやるほうが、楽にいきます。
3、次に,左手で右の指を1本づつ握り左右に捻ります。
4、最後に各指を引っ張ります。


両手を首の後に持って行って(この時親指が内側になる様に)
首に当てます。
其の時、親指に当たる所が痛ければ親指を運動させれば

痛みは、取れます。

薬指の当たる所なら、薬指を運動させれば良い訳です。
posted by あせあん at 10:50| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

真の健康法8

真の健康法8




今回から 手の指 について御伝えします。

手の指は、年を取ってもボケない為の運動

として、有名ですね。


CONTENS
1、手の指は、運動脳の30%を占めている。
2、手の指の運動


手の指は、第二の脳と言われる位、重要なものです。

指先は、特に敏感で、訓練に拠ってはマージャン碑の

判別も出来るようになるなど、大した能力を発揮します。

指の動きは、自由自在に全方向に動かす事が出来、

人間にとって、正に必要欠くべからざる生活の必需品

ですが、普段は特にそう感じることは、ありません。

一度怪我などで、使えなくなると大切さが身に染みて

感じられますね。

では、この大切な手の指の運動です。


1、まず、両手の指を合わせます。
2、そのまま指を合わせたまま、手の平を反らせます。
3、指と手の平が、直角になるまで指を強く押し付けます。
4、直角にならない人は、指を1本ずつ、反らして直角になるように
  します。
  
  この時手が温まっていると、反らし易いようです。

  最適な場所は、風呂の中が一番ですが、手を温めれば

  問題はないです。

  直角に曲がるようになると、知らないうちに、肩こり
  は無くなっていますよ。
posted by あせあん at 18:51| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

真の健康法7

真の健康法7




足の指は、手に比べ過酷な条件下で使われています。


足のお手入をお忘れなく。


CONTENTS
1、足の指は、履物に拠って変形する。
2、今日の運動


本来、履物は人間の足に合った、足底を保護する

目的で使用している物だと思うのですが、

現在では、色々な目的があるようです。

足の指にとっては、この本来の目的に合った物ほど

良いものはないのですが、、、、、、

本来、履物は、甲と土踏まずを密着させれば

どんな動きでも、出来るものです。

それ以外の所を密着させると、足の指は悪い影響を受け

変形の原因になります。

今日の運動は、

足のマッサージです。

1、先ず親指の側面を指先から、骨に沿って足首まで
 マッサージします。
2、次に足の人差し指を同じようにマッサージします。
3、この時、足の甲の中ほどに少し固い所が有りますので
  良くマッサージして置いてください。
4、順次足の小指まで続けてください。

この運動は、足の関節の一部が動かなくなっているのを

動くようにする為のマッサージです。

このマッサージにより

足全体が有機体の様に、動く事が出来、衝撃や、

素早い動きに対応出来るようになります。

もちろん


捻挫等も、なくなります。
posted by あせあん at 12:25| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

真の健康法6

真の健康法6



足の指を開いていますか?

足の指と手の指の骨格は、ほぼ同じで

足の指は、本来繊細でした。


CONTENTS

1、足の指は、人生の父
2、足指変形は、土踏まずが無くなる。
3、あとがき


足の指が自由に動かないと、土台が腐った家と同じです。

外観上は異常が無いように見えますが、問題は悪化の

途上にあります。

早く手当てをすれば、補修も可能ですがほおって置くと

修繕不可能で建て変えなければ、ならなくなります。

人間の体は、作り変えるわけにはいきません。

素早い対応で、健康を維持するより他に方法はありません。

足の5本の指が正常に動作していると、直立しても

疲労が最小限になります。

動く時には、安定した動作が出来、素早い動きも

容易になります。

そうです!


いつまでも、若々しく楽しく生活出来る様になるのです。

あなたは、どうなさいますか?


老人の様に、緩慢な動作がすきですか?



足の指の変形、特に足の親指が変形して、中指の方に曲がると
自動的に土踏まずが、減少します。

土踏まずの曲線が大きくなると、衝撃を吸収する力が弱まり

体全体に衝撃が伝わります。


その為、疲れ易くなり、長時間歩く事が、難しくなるのです。
posted by あせあん at 04:57| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

真の健康法5


真の健康法5




健康は、最大の財産

全ての成功は、健康が有って初めて成し得る。


御購読頂き、有難う御座います。


CONTENTS

1、足の指の働き
2、今日の御勧め運動
3、あとがき


足の指の構造は、手の指の構造と同じなので

同じ動作が出来るはずですが、筋肉の発達が違う為に

同じ動作が出来にくくなってしまいました。


足の指は、手の指に比べ繊細さに欠け鈍感な感じを受けますが

それは誤りです。

足の指が、健康になると体全体の健康状態が、足の指で

解る様になります。


そうです


足の指は、健康の状態を最初に教えてくれる

警報装置なのです。


今日の御勧め運動は

アキレス腱を伸ばす運動です。

1、まず、20センチの段差のある所に立ってください。
  立つ方向は、階段を上る時の方向です。
2、右足の踵を後ろに引き、つま先だけで、立てる状態にしますです。
  この時、傍に手すりのような、手を付けられるものが有ると安全
3、右足に体重をかけます。
4、体重をかけたまま、1分位待ちます。
5、今度は左足で同じ事をします。

  
アキレス腱は、足の健康に大切な働きをします。

アキレス腱が1mm伸び難くなっただけで、足が攣ったり

歩幅が、狭くなったり健康を阻害するので、注意して

くださいね。



posted by あせあん at 19:08| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

真の健康法4


真の健康法4




自然の体形に戻る


4号目の配信です。

足の指を毎日横に開いていますか?


足は、顔と同じ位神経を使ってくださいね。

必ず 足はあなたの健康を支えてくれますよ。

CONTENTS

1、腰痛の原因は足の指にあった。
2、今日の御勧め運動
3、あとがき


足の指は、常に1方向 歩く時に曲げる方向だけで、

反対の方向に曲げる事は、殆どありません。

其の為筋肉が 伸び難くなっています。

赤ちゃんは、起きている時に足の指を曲げたり伸ばしたり

していますね。

こうしていれば、健康でいられるのに、靴を履いて足の

指を奇形させては、とても健康ではいられません。


今日の御勧め運動は


足指の関節を全て動かす運動です。

1、まず、椅子に腰掛け、足を組んでください。
2、足の小指を足底方向に引っ張りながら曲げます。
3、何十回か同じ運動を繰り返します。
4、小指を足底方向に強く曲げます。次に
5、足の薬指を同じ様に2−4を行ないます。
6、親指まで繰り返し同じ運動を終わったら
7、反対の足も同じようにします。

4、で強く曲げた時に ポコ と音がしたら

その指の運動は、効果有りです。


この運動は、腰痛防止に特効です。


posted by あせあん at 17:27| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

真の健康法3

真の健康法3



無理なく自然に天然の体形を取り戻す。

足の指は、手の指と同じ位重要な働きをしています。

その働きを靴という入物で封じてしまっていたので

健康になれない原因を作っていたのですね。

CONTENTS

1、何故足の指が健康に関係があるか?
2、今日のお勧め運動
3、あとがき


前回足の親指と小指を横に引っ張りましょうと

言いましたが、現代人は全てこの2本の指が変形しています。


赤ちゃんの足を見てください。


けして足の親指が内を向いていませんでしょう。

この状態に少しでも近づけば、より自然な、健康に近づく事

が出来るようです。


今日は、

足の筋肉を柔軟にし、疲れを瞬時に取る法です。

1)まず、横になり天井を見ます

2)足のつま先を手前に引きます(30度位まで)

3)30秒引いたままにします

4)ゆっくり足のつま先を伸ばし、伸ばせるだけ伸ばします。
(ほぼ水平)

5)30秒伸ばしたままにします。

6)2)の繰り返しを10回行ないます。

足のつま先を手前に引く時に、踵を突き出すようにすると
上手く出来るでしょう。


前回と今回の運動で 足 の健康を取り戻す準備は整いました。

後は毎日実行するか、しないかのどちらかですね。
posted by あせあん at 18:34| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真の健康法2

真の健康法2



審査が通り初めての発行です。

このメルマガを購読頂き有難う御座います。

皆さんに読んで頂き、実際に試して頂けるような内容を、
御届け出来る様頑張りますので宜しく御願いします。


今日のContents

1、全ての健康は足から
2、実際やること
3、あとがき


足は人間の基礎と言えます。

人間は、足で立って歩き移動しますので、

足が不健康では、基礎の悪い建物と同じで、

やがて倒れてしまいます。


それでは、どうすれば足の健康を取り戻せるのでしょう。

それは


足の指の矯正から始まります。

矯正と言っても極簡単な事から始めます。

方法を言いますので、実行して頂けると必ず良くなりますよ。

1、まず、靴下を脱いで、素足になってください。
2、足の親指と小指を左右の手で掴み横に引っ張ります
3、引っ張った状態で1分間そのままでいます。
4、ゆっくりと元に戻します。
5、再び親指と小指を横に引っ張ります。
6、最低1日5回は、この矯正運動を行ってください。
7、硬い丸い物(例、ゴルフボール)を足の人指し指、中指、
薬指の指の付け根に置いて踏みつける運動をすれば、
更に効果的です。

それから、靴下はあまり良いとは言えませんので

出来れば、5本指靴下に替えること御勧めします。

せっかくの矯正運動を、無効にしない為にも。
posted by あせあん at 18:27| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

国民が健康になり保険を使用しなくても済む法1

日本の健康保険が破綻寸前とよく新聞に出ています。

これでは、国民は安心して生活出来ませんね。

どうしたら、破綻しなくて済むのでしょうか?


そうです。


国民が健康になれば、医療費が少なくなり保険は、破綻しなくて済みます。

悪くなってから治すのではなく、悪くならないようにする事が

私達にとって最も得であり、国も得する方法では、ないでしょうか。


それでは、どうしたら健康を維持出来る、悪くなる前に治す事が出来るのでしょうか?



その答が、


真の健康法です。


器具を使わず、自分の力で自分の健康を得る方法です。


下記でメールマガジンも発行しています

http://www.mag2.com/m/0000172347.html


posted by あせあん at 12:00| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。