2013年12月30日

真の健康法47

真の健康法47





内臓体表反射

内臓に不調、変調が起ると体の体表面に症状が現れます。

例えば
胃の調子が悪くなると背中の6か所に凝りが出来るとか。

試しに、胃の調子が悪くない時に背中の肩甲骨の下
背骨の両側の盛り上がった所を押してみてください。

何も感じない筈です。


胃の調子が悪い時、二日酔いの時に、同じ所を
押してみてください。
とても気持ちが良い筈です。

この背中の点が、胃の内臓体表反射です。


もう1つ、
婦人の生理痛は、腰の背中の部分と足の内踝から3−4cm
上がった辺りに反応が現れます。

今述べた所を指圧するだけで、楽になり内臓の働きが
活発になり病の予防に役立つので御試し頂けると
御理解出来るかと考えます。

先週、中国のマッサージでこの背中(肩甲骨の下)を
女性のマッサージ師にマッサージされていた人が
死んだニュースが流れました。
そのマッサージは女性が上に乗って足で背中をマッサージ
する方法だったそうで、体重が重過ぎて肋骨が骨折して
死んだそうです。

余り無理は危険です。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。



posted by あせあん at 10:07| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。