2013年12月22日

真の健康法45

真の健康法45

心と健康



人間は、心で体をコントロールしています。

それは、心が不健康になれば、当然体も不健康に
なる筈です。

体の健康を、思って毎日欠かさず鍛練している
人でも、心の健康を鍛練している人は皆無の状態は
どうしてなのでしょうか?


WHOでも、健全な身体に健全な心が宿る と言っていますが
これは、逆で健全な心に健全な身体が出来るのでは
と考えるこの頃です。

健全な心、強い心を鍛えるにはどうしたら良いのでしょうか?


CONTENTS
1、健康な心とは、強い心とは?
2、強い心にする為の訓練法
3、あとがき


健康な心、強い心とは
1、自分を律する心、不満を口に出さない行為で
  常に、にこやかにゆったりと構え、慌てない事。
2、他人を批評しないし、他人からの批判も気にならない事
3、常に現状を感謝する事
4、希望を持ち、近づこうと努力を継続する事
5、自分に厳しくしない事
6、実行する事は、結果を考えないで淡々と実行する事
7、結果が悪くても、悲観しない事
8、素直な心、で日々を送る事

この様な状態が、心が強い、健康な心です。

例えば
1、の不満を言わないのは、言えば自分の心は満足
  しますか? それで世の中が変わりますか?
  それに反し、自分の体は、変わります。
  不満を口に出すと、ストレスにより内臓への
  影響があります。不満を口にすると、自分の
  体が悪くなるのです。自分が損をするだけです。
  
2、の他人との関係では、個人は大切で尊いもの
  で、自分と同じであるという考えで暮らす事
  
3、常に自分の境遇より上を見て羨んでいる事

4、希望は生きる為の糧、継続は生きている証

5、自分に厳しい人は、他人に優しくなれない。
  その為、不満が出てきて、心が弱くなる
  
6、実行する前に、結果を想像し心配しても
  何も変えられない、健康を害するだけ
  
7、実行した結果が悪くても、又やればよいので
  次の実行に移すほうが、得。悩んでも
  健康を損ねて損です。
  
8、好奇心は、心の年齢のバロメーター
  何時までも、健康で若く生きるには
  欠かせない事。好奇心があれば、毎日
  学びが有り、人生が充実します。
  
強い心に鍛える為の方法は、次号で報告します。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。






最後まで御読み頂き有難う御座いました。
posted by あせあん at 15:23| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。