2013年12月18日

真の健康法44

真の健康法44



老いと健康

人間は、必ず老いていきます。

老人になると、体の筋肉が減り動作が鈍くなる
のは、皆さん見掛けると思いますが、
本当はどうなのでしょうか?
健康に関しては、老いとは関係が深い様ですが
実際は?

CONTENTS
1、老人と動作
2、持久力と運動
3、あとがき

年を取ると、衰えるのは反射神経でそれ以外の
筋肉は余り衰える事はありません。
但し、筋肉は使わなければ直ぐに衰えます。

これは、年齢に関係なく使わない筋肉は、衰える
のは、骨折等で入院して2−3ヶ月経つと
足の筋肉が細くなるので、お分かりの事と思います。

老いて、溌剌としているのは筋肉を常に、使う
事を念頭に置いているから、筋肉が衰えず
反射神経の鈍くなる分をカバーしているからです。

では、筋肉を鍛えるにはどうしたら良いでしょうか?

1、先ず足の筋肉を鍛える運動です。
  老いは足から と言いますが、確かに足が
  弱るのは、動作が遅くなる主原因ですね。
A、これには、足の運動を毎日行うと、防ぐ事が出来ます。
  (足の運動は、バックナンバーに載っています)
2、次に手の筋肉を鍛える為に手の運動をします。
  (手の運動は、バックナンバーに載っています)
3、最後に内臓の運動です。
  複式呼吸は、脂肪を燃焼させるだけではなく
  内臓の働きを正常にするような働きをします。
ここまで、毎日やると、老いても溌剌とした、
毎日を送る事が出来るので、毎日が楽しくなります。

健康な毎日を過ごす事は、最大の楽しみですね。

最後に、人間が外からストレス、等々が無ければ
150歳まで生きられるそうですから、80,90
では、まだ中年ですよ。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。




posted by あせあん at 14:44| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。