2013年12月08日

真の健康法42

真の健康法42



急に来る痛み

歯の痛みは、良く夕方に始まりますね。

そして、明日にでも歯医者に行って診てもらおうと、考え
しばらく経つと、痛み出し、夜中には疼いて眠れない と言う
経験をされた方が多いのではないでしょうか。

CONTENTS
1、歯の痛みについて
2、歯の痛みを止める法
3、あとがき

歯の痛みは、脳に近い為、痛みが出るとどうしても、気になり
痛みが増すと、我慢が出来なくなります。

歯の痛みは、虫歯が原因が大多数ですが、まれに歯根の骨髄炎の
事もあるので、先ず歯医者に行く事が一番良いです。

土日の場合は、2日も歯の痛みを耐えるのは困難な為、これから
紹介する方法で、痛みを和らげてください。

痛みが無くなったので、歯医者には行かないのが、最もいけない
方法です。

歯の痛みを和らげるには、上の歯と下の歯で方法が異なります。

先ず上の歯の痛みか


1、手の親指と人差し指の間、反対の手の親指の第1関節を
  当て、親指の先端の所を押します
2、その距離で親指側か人差し指側を強く押すと、痛い所が
  見つかります
3、その痛い所を、刺激する事により痛みが和らぎます。
4、それと、もう1箇所、肘を曲げて出来た皺の、端を
  刺激します。
  
  
これで、殆どの虫歯の痛みは治まります。


次が下の歯の痛みで

1、顎を動かしながら、顎の関節に手を当てると、凹みが
  感じられる所が有ります。
2、ここを、刺激してしばらくすると、痛みが和らぎます。
3、もう1箇所は、顔の側面耳の前で、こめかみの下の
  横に骨が感じられる所を強く押します。
4、これで、痛みは和らぎます。

歯の痛みでは、熱が無いからと言って、暖めてはいけません。
痛みが強くなります。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。



posted by あせあん at 13:26| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。