2013年12月06日

真の健康法41

真の健康法41



急な痛みを和らげる

突然に痛みが襲って来る事が有る場合の対処法です。

痛みと言っても千差万別で、いくつかの痛みに分けて御知らせします。
先ずは、胃の痛みから

CONTENTS
1、胃の痛みについて
2、胃の痛みを和らげる法
3、あとがき

胃の痛みにもいろいろありますが
胃が痛くて唸っているような状態の時は、前面内腿のあたりで
膝から上に12−3cmの所を強く押すと痛みが和らぎます。

同じ胃の痛みでも、じりじり焼けるような痛みの場合は
足の関節外側の骨が出っ張った直ぐ下を強く押すとじりじりする
痛みが和らぎます。

空腹時にしくしく痛むのは、女性の場合は足の内踝から10cm位の
中央を毎日暇な時に、押して刺激を与えましょう。そうすると
次のつきのものが来る前でもしくしく痛みません。

少し解りにくいようですので、ホームページに挿絵を載せておきますので
参考にしてください。

注意!!
痛みが無くなって治った訳ではありません、悪い個所は医院に行って
完全に治さないと又痛みが襲って来て最後には、手遅れになりますので
あくる日には、医院に行きましょうね。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。



posted by あせあん at 11:50| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。