2013年12月04日

真の健康法40

真の健康法40




痛みについて


痛みは、月の動きと無縁ではありません。


人が、怪我をした時にひどく出血する時と、それほど出血が多くない時

を経験していると思いますが、これは丁度潮の干満と同じです。

干潮時は、出血が少なく、満潮時は出血が多いのは経験で分かって

いる事と思いますが、痛みに付いても同じ事が言えます。

CONTENTS
1、痛みと月の関係
2、痛みに対する方法
3、あとがき


よく、夕方から痛み出して、明日の朝医者に診てもらうつもりで

寝ると、夜中にどうしても痛みが止まらなく更に激しくなったので

眠れず、夜半頃医者を訪ねてくる人を見掛けますが、これは

痛みと月の関係を分かっていない人でしょう。

夕方から、痛みが出てきたら迷わず、早めに医者に診てもらう事を

勧めます。夜中にかけて、痛みが和らぐ事はなく激しくなると

予想されますので。

救急車の御世話には、なりたくありませんでしょうから

早目の手当が肝心です。


昔、日本でも太陰暦を使っていましたが、現在ではほとんど使われなく

なり、人間に与える月の影響を忘れがちですが、現実は月の影響を

強く受けているのは、自然に近い所では、理解されやすいのかも知れません。

便利と引き換えに、失う物もありますね。


皆さんは、体に痛い所があると、よく冷やしますが、痛みには

冷やして痛みが和らぐ痛みと、逆に冷やすと痛みが増す事があるのを

御存知でしょうか。


痛みには、温めたほうが良い痛みが有るので、注意してください。


最後まで、御覧頂き有難う御座いました。


次号は、痛みを止める方法を配信します。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。



posted by あせあん at 21:04| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。