2013年11月11日

真の健康法37

真の健康法37




パソコン等OA機器を使う仕事をする人の健康法


今は、事務所では必ずパソコンを使って1日中仕事をしますので

どうしても、目が疲れます。

この眼の疲労を除く事が、健康を維持する事に大事になります。


CONTENTS
1,目の疲労が溜まると
2,目の疲労を取る運動

目で見る時には、25−30cmはなれて、読むのが目の筋肉を

最も使わない方法ですが、視力が落ちている人や、暗い所で作業する

人には、どうしても目の疲労が付きまといます。

明る過ぎても、目を疲れさせますので丁度良い明るさで作業環境を

維持している、会社は皆無の状態なので、目の疲れを毎日取る事を

実行して頂ければ健康でいられますね。

出来れば、時々遠くを見て、目の筋肉のこりを取りながら

作業するのが、良いのですが。


1)目を閉じて瞼の上から軽く押さえて30秒回転して軽くマッサージします
2)2回繰り返してください
3)睫毛の中央に小さなへこみがありますので此処を強く押します
4)5回繰り返して押してください
5)こめかみを強く左右から押します
6)5回繰り返しおしてください

以上の運動を目が疲れてきたら実行すると、目の疲労を低減させる事が

出来ます。  一度お試しください。

定期的な運動が不足すると

人体は、定期的に体の全体を動かす事で150年は使えるように
出来ています。

その場所に行きさえすれば自動的に運動が出来る事が、
習慣化するのに最も抵抗の無い方法です。

これらを考えると、リビトは始めカウンセリングを受けて
専門家が、運動の計画をして指導してくれるプライベートトレーニングジム
として、計画された事も理解できます。

アメリカでは現在、プライベートトレーニングジムが盛んなのは
会社が肥満体の社員を雇うリスクを回避していることです。

リビトは、全国にジムが有りますが特に名古屋では、広く
プライベートスペースでのトレーニングも出来、気楽に仲間同士
夫婦でトレーニングが出来るのも魅力ですね。

名古屋地方の方は朗報ですね。




最後までお読み頂有難う御座いました。
posted by あせあん at 10:29| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。