2013年10月22日

真の健康法30

真の健康法30





40代の健康法では、生活習慣病の改善が必要です。

今まで何気なく過ごしてきた方は、これからの健康に

注意する指針にもなります。


CONTENTS
1、40代で始める生活改善
2、改善点
3、あとがき


30代では、健康に無関心であった人でも、40代になると

疲れが取れない、ダルイ等体の状態が満足できる状態を維持

出来なくなります。


これは、生活習慣に依り、一部の関節が動かなくなり

血行が悪くなって起こる事が多いです。


関節を動くようにする為には

呼吸法が最適です。

29号で紹介した方法です。


生活で注意する点は

日常動作の点検です。

例えば坐る時に横座りする癖とか、脚を組む時に常に

右あるいは、左の足が上に来るとか、何気ない動作の

蓄積が、体を歪めています。

一つ一つの動作の、反対動作を意識する事で生活習慣の

改善が驚くほど進みます。

その結果

ストレスに強い丈夫で長持ちの体に、変身しますよ。
posted by あせあん at 22:47| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。