2013年10月01日

真の健康法22

真の健康法22





今回からシリーズで、年代別、職業別の 健康法を 御届けします。


今日は幼時、子供の健康法です。


子供の健康に関して注意する点は、症状が急変する事です。

CONTENTS
1、子供の健康は、不安定
2、子供の健康運動
3、あとがき


子供は元気に遊んでいたと思ったら、おとなしくなり横になったりして

いるのを、見かける事がありますよね。

大人と違い子供は、症状が出るのが 大人より早いです。


1度位は、夜中に子供に 痛くて眠れないと泣かれて 医者に見て貰う為に

夜中に電話を掛けまわした経験が御有りの事と思います。

大人なら、夕方少し痛む時 明日早朝に医者に行こうで、寝てしまいますが

子供が同じように 夕方、少し痛いと 言ったら 100% 真夜中頃

痛みが強くなり、泣き出される事になります。

子供が夕方 少し痛い と 言ったら即座に医者に行くこと が 必要です。

では、普段の健康法はどうしたらよいのだろうか?


10歳以下の御子さんなら、

1、乾いたタオルを用意します。
2、タオルを絞る様にして、
3、背骨の両側をタオルで軽く上から下へふきおろします
4、何度かふきおろして、皮膚がピンク色になってきたら 終わりです。

5、足の親指が内側に曲がっていないか見る。

これだけ注意していると、元気な子になりますよ。
【関連する記事】
posted by あせあん at 17:42| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。