2011年08月14日

真の健康法16

真の健康法16




股関節は、殆んどの人が、正常な状態でないのには驚かされます。

画く言う私も左股関節が正常では、ありません。


股関節が正常でないとどうゆう事が起きるかと言うと

足の痺れ、神経痛 やがては膝の痛みとなって現れます。


CONTENTS
1、股関節は、背骨の土台
2、今日の御勧め運動




殆んどの人が背骨の曲がりや、背骨の関節が動かない状態で生活しているようです。

この状態では、エネルギーを浪費する事になり

疲れ易くなります。

その原因は、股関節の異常にあります。


股関節が異常になると、それを補う為に背骨が変形します。

股関節が正常に戻れば、背骨の形状も正常に戻ります。


では

今日の運動です。

以前、足の健康で紹介しました、足首を曲げたり伸ばしたりする運動に

合わせて股関節まで、運動する方法です。

1、足のつま先を、引き踵を突き出す運動の時に、腰はそのまま。
2、足のつま先を伸ばす時に同時に腰を下に下げます。
3、反対の足を同じ様にします。
4、続けて10回行います。


これで、股関節に柔軟性が出てきて異常が解消され易くなります。

では、そのあとは?

股関節の異常は、どうやって見つけるのですか?

それは、次号で詳しく配信します。









posted by あせあん at 13:17| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。