2010年06月22日

真の健康法12

真の健康法12




漢方では空気を取り入れるのは、気 を取り入れる事と同じと考えています。

気 は人間にとって、とても大切なのですが、目に見えないのであまり

気に掛ける人は少ないようです。

風邪をひくことは、精気,正気が低く為り邪気が勢力を持った為に起こる

というのが、漢方に考え方です。空気には、精気、生気が有りますので

精一杯取り込みたいですね。


CONTENTS
1、地球上で酸素が減るとどうなるのだろう
2、先週の運動の詳細


ニュースで、森林伐採が進み地球上の酸素の発生源が少なくなり

酸素が減るのではないか と言って居ましたが一方で炭酸ガスが増え

地球温暖化が問題になっていますが、人体に問題はでないのだろうか?


未来の人間は、昼は炭酸ガスを吸い夜は酸素を吸う植物の様に変化するのか?

人間の皮膚の色も緑になるのかな?

だんだん酸素が少なくなるなら、効率的に酸素を取り入れなければならなくなり

その為に今から訓練しておくのも子孫の為によいかもしれません。


前回の運動の詳細です。
1、肺の中の空気を吐く時は、いつも吐いている息が、終わってから腹を
  両手で押さえ更に息を吐きます、この時腹は手に押されて凹みます。
  この時同時に背を反らせると更に効果的です。
2、息を吐く時はゆっくり吐きます。
3、息を吐く時に体に力を入れても血圧は上がる心配は有りません
  息を止めていないからです。
4、息を吸う時は素早く、御腹を膨らませながら吸います。
以上の繰り返しです。



    
    
この運動は、10回やると、汗が出るくらいですが外観よりも体内の負担は

極小です。誰でも出来健康になれます。但し寝る前にやると目が冴えて眠れなく

なりますので注意してください。
posted by あせあん at 05:23| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。