2010年06月10日

真の健康法11

真の健康法11




今回から呼吸法について配信します。

一般に呼吸している時の状態は、肺の4分の3が

新しい空気に交換されるだけで、4分の1は交換されず

肺の中に残っています。

その為時々欠伸をして、肺の中の空気を大きく交換
しなければなりません。


CONTENTS
1、空気は。全ての元
2、効果的な呼吸法

欠伸は、酸素が足りなくなった状態を示しているのは

皆さん御存知とうりです。けして退屈だから出るのでは
ないですよね。



メルマガを読んでいて欠伸が出た!!


しょんぼり







では、どうして酸素が必要なのでしょうか?


酸素が無いと死んでしまうから?


そうです。脳が酸素無しでは生きられないからです。

その為脳が命令して、酸素をより多く取り込むため欠伸
をさせます。


空気は人間に必要欠くべからざるものですが、その他空気中
の酸素は口の中で、細菌が増えるのを抑えたりもします。

良くしゃべる人の歯は、意外にきれいなのは、
このためでしょうか。


空気を体内に効果的に取り入れる法は

1、先ず、肺の中の空気を吐出します。
2、吐き終わっても更に体に力を入れて吐出します。
3、もう吐出せなくなったら、力を抜いて空気を素早く
吸います。

以上の繰り返しで1日10回 1ヶ月続けると不思議な事が
起こります。


体が若返るみたいに軽くなり、疲労が貯まらなくなります。

この運動は、朝目覚めた時に寝床の中でやると、
楽に出来 効果も大きいようです。


少し長くなったようなので、運動の詳細、は注意点は、
次号で配信します。

ところで

足と手の運動は続いていますか?

足手纏いだから、やっていない。

私は40の時に、3つの運動を2ヶ月続け体力は、
20代に戻った経験が有ります。

ウエストは、88cmから79cmまで下がりました。

食事は今までどうり食べていたので、何の抵抗感も無くです。


posted by あせあん at 12:10| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。