2010年06月05日

真の健康法7

真の健康法7




足の指は、手に比べ過酷な条件下で使われています。


足のお手入をお忘れなく。


CONTENTS
1、足の指は、履物に拠って変形する。
2、今日の運動


本来、履物は人間の足に合った、足底を保護する

目的で使用している物だと思うのですが、

現在では、色々な目的があるようです。

足の指にとっては、この本来の目的に合った物ほど

良いものはないのですが、、、、、、

本来、履物は、甲と土踏まずを密着させれば

どんな動きでも、出来るものです。

それ以外の所を密着させると、足の指は悪い影響を受け

変形の原因になります。

今日の運動は、

足のマッサージです。

1、先ず親指の側面を指先から、骨に沿って足首まで
 マッサージします。
2、次に足の人差し指を同じようにマッサージします。
3、この時、足の甲の中ほどに少し固い所が有りますので
  良くマッサージして置いてください。
4、順次足の小指まで続けてください。

この運動は、足の関節の一部が動かなくなっているのを

動くようにする為のマッサージです。

このマッサージにより

足全体が有機体の様に、動く事が出来、衝撃や、

素早い動きに対応出来るようになります。

もちろん


捻挫等も、なくなります。
posted by あせあん at 12:25| 体各部の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。